◇トッピクス◇

現代では、電磁波が人体に与える悪影響は重要な問題となっており、
世界保健機関WHOから電磁波対策の勧告が出ています。

特にヨーロッパでは電磁波による弊害が一般的に認識され、
保険も適用されるほどです。

日本では、企業もマスコミも政府もこの問題については、
私たちを蚊帳の外に置きたいかのようです…


■電磁波の子供への影響について 警告に耳を傾ける時が来た!

イギリスなら誰でも知っている童謡の替え歌を使って、携帯電話から出る電磁波の恐ろしさを警告しています。

事実、子供の頭蓋骨は小さく薄い、脳は大人の脳より電磁波の伝導率が高い。

このビデオはブラックですが議題を提議しています。



イギリスのチーフ医療機関は16歳以下の子供たちは短い緊急の電話以外は携帯電話を使用しないほうがよいとのアドバイスをしています。


電磁波過敏症 電磁波に苦しむ人々

電磁波過敏症とは、身の廻りに携帯電話や携帯電話の中継局、
蛍光灯などがあると、そこから放射される電磁波に反応して、
・頭痛、吐き気、動悸
・皮膚への刺激
・集中力欠如

など、様々な症状が出て苦しむという病気です …

電磁波過敏症の症例

石川名誉教授らによる報告書には、電磁波過敏症診断された
26~61歳の男女7名の症例が報告されています。
このうち61歳の女性は、自宅が高圧送電線の真下にあり、
約7年前から、自宅に居ると足腰の激痛、頭痛、手足のしびれ、
思考力の低下などが現れるようになりました…


スポンサード・リンク


高周波電磁波による弊害 発ガン性

東京スカイツリーから送信される予定の地上デジタル放送電波や
携帯電話、携帯電話基地局から送信される電波は高周波です。
これらのうち、携帯電話からの高周波電磁波は、頭に密着させて使うため、
頭部の発ガン性などが疑われています。
携帯電話の使用期間が10年未満である場合に影響が見られないとの結果が
多い一方で、10年以上使用した場合には、聴神経腫、神経膠腫が増加する
という複数の結果が報告されています…


極低周波電磁波による影響 小児白血病

1,979年、米国のワルトハイマー博士らが、15歳未満の子供たちを対象に
白血病や脳腫瘍についての疫学調査を行なったところ、配電線や変電所の
近くに住む子供たちの発生率が高くなっているという結果でした。

電磁波が健康にもたらす影響について真剣に研究されるようになったのは、
この報告がきっかけでした…

スポンサード・リンク


館林市・多々良沼近くの住宅地で、電磁波の健康被害を訴えて
送電線の鉄塔の建て替えを求める住民運動が起きていた問題で、
東京電力太田支社は問題の鉄塔2基を建て替えることを決め、
地元住民や館林市に伝えた。

100戸足らずの住宅地で

「昨年1月、送電線そばの隣同士の家で、働き盛りの男性2人ががんなどで死亡し、今年4月には近くの主婦が乳がんで死亡した」

と、鉄塔近くに住む主婦(62)は言う。

自分の体調も悪く、思い切って今年3月の町内会で訴えた。

すると、多くの人が具合の悪さを口にした。

科学的根拠の有無以前に体が悲鳴を上げている。

kouatu-souden01.jpg

高電圧送電線から生じる超低周波磁界は、小児白血病の発症リスクを
高める可能性があります。

1,979年、アメリカの疫学研究ではじめてこの問題が指摘されました。

その後、1,996年にWHOが『電磁界プロジェクト』を発足させ、
各国が協調して研究を行い、結論を出すために疫学研究を進めてきました。

平均0.4マイクロテスラ(4ミリガウス)以上の電磁波では、
小児自血病の発症が2~4倍ほど増えるということがわかりました。

これは、国際癌研究機関が各国の疫学調査20件のデータを一つに束ねて
解析した分析から得られた2倍とほぼ同じものです。

ちなみに0.4マイクロテスラ(4ミリガウス)というのは高圧送電線から数十m、
街路上の約6,600ボルトの配電線から数mの磁界の強さに相当します。

【参考】http://www.babycom.gr.jp/eco/kodomo/s5.htmlより

以下、「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p67~) 網代 太郎著
"極低周波電磁波による影響 小児白血病"よりご紹介します。

1,979年、米国のワルトハイマー博士らが、15歳未満の子供たちを対象に
白血病や脳腫瘍についての疫学調査を行なったところ、配電線や変電所の
近くに住む子供たちの発生率が高くなっているという結果でした。

電磁波が健康にもたらす影響について真剣に研究されるようになったのは、
この報告がきっかけでした。

soudensen01.jpg

2,005年5月、地元の住民の方が瀬戸デジタルタワーから
150~180m北にある畑にヒマワリの種を蒔いたところ、
7月に一斉に咲きましたが、本来なら東から南東に向いて咲く
ヒマワリが、ここで咲いた1,000本全てが太陽に背を向けて、
北から北東の方角に向いて咲いたそうです。


巣に戻れないミツバチや、レースでゴールできない伝書鳩が増えているそうです。

私たち人間の身体も電気の良導体ですから、
電磁誘導によって電磁界の中に入れば、微弱でしょうが電気が流れるはずです。

電磁波の一般的な影響について、引き続き
「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p59~) 網代 太郎著
刺激作用、熱作用、非熱作用よりご紹介します。

mitubachi02.jpg

東京スカイツリーのような強力な電磁波を出す放送タワーの建設は、放射される電磁波による健康問題の発生が深く懸念され、世界各地で反対運動が起こっています。

日本では、お役所が企業寄りであり過ぎるため、日本では余り問題になることはありませんが、電磁波によって私たちの心身の健康に悪影響が出ることは、欧州では一般によく知られています。

電磁波による健康被害に対して保険が適用される国もあるようです。

電磁波の一般的な影響について、
「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p59~) 網代 太郎著
刺激作用、熱作用、非熱作用より引用しまとめました。

強い電磁波が人体に影響することについては、議論の余地がありません。

強い電磁波による人体への主な影響は、

・刺激作用
・熱作用(熱効果)

という言葉で説明されます。


■刺激作用

電磁波に暴露されると、人体の中に電流が生じます。

これが一定量を超えると、神経や筋の活動に影響を与え、ビリビリという刺激を感じたりします。

刺激作用は、100KHzまでの低い周波の電磁波によって起きます。


■熱作用

100KHzより高い周波数の場合は、強い電磁波に暴露されると体温が上昇します。

これが熱作用と呼ばれます。

強い高周波電磁波を動物に暴露させる実験を行なうと、体温上昇によるストレスから、動物の行動パターンが変化します。

電子レンジは熱作用を利用して食べ物を温めています。

tokyo-tower-3.jpg

熱作用を起こさないような『弱い』電磁波であっても、電気機器に影響を与えることはハッキリしており、これは『電磁干渉』と言います。

例えば、携帯電話機が発信する電波が、心臓ペースメーカーを誤作動させたり、補聴器に大きな雑音を生じさせたりすることは皆様もご存知のことだと思います。

総務省や電気通信業者は、弱い電磁波による電気機器への電磁干渉はあっても、私たちの健康への影響はない、と説明しています。

しかし、私たちは脳波で脳の電気を測定し、心電図で心臓の電気を測定することが出来ます。

神経細胞が情報を伝え合うために電気信号を利用しているからであり、その意味では『私たちの身体も電気機器である』と言えます。

『電子機器が携帯電話等の人口電磁波によって誤作動する。それならば、自然界の生物も様々な電磁波の影響を受けているのではないか』

と京都大学基礎物理学研究所の村瀬正俊ら研究者から問題提起がなされているのです。


日本ではあまり注目されていない電磁波の健康への影響に関する問題は、WHOが大掛かりなプロジェクトを運営する必要があるほど、国際的には関心をもたれているのです。

以下、「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p65~) 網代 太郎著"WHOの「国際電磁界プロジェクト」"よりご紹介します。

電磁波への不安が広がっていることから、世界保健機関(WHO)は、1,996年に「国際電磁界プロジェクト」を発足させました。

WHOは、このプロジェクトについて、次のように説明しています。


■電磁界と公衆衛生 国際EMFプロジェクト

ここ数年、個人的あるいは商工業的な使用目的による電磁界(EMF)発生源の増加やその形態の多様性には眼を見張るものがあります。

発生源の例としてテレビ、ラジオ、携帯電話、電子レンジ、レーダー、医療機器、産業機器などがあります。

これらの技術は人々の生活をより便利に、より快適にします。

----------------------------

一方、これらの技術は電気機器の使用による健康リスクの懸念ももたらしています。

-----------------------------

多くの国々で電力事業は、人口過密な地域を避けて高圧送電線を敷設しなければならないか、あるいは工事の中止を余儀なくされています。

携帯電話用に無線基地設置は、無線基地から放射されるラジオ波(高周波)による小児ガンの危険性から地域住民による反対運動にあったり、工事延期になっています。

例えば米国では、必要とされる無線基地設置の85%は未だ設置できないのが現状です。

sora-to-daichi.jpg

今年(2,011年)は、関東地方の東京も雪に見舞われました。

建設中の東京スカイツリーからの落雪の危険性を回避するため、
警備の方が多く見回っていたようです。

落雪で死亡事故が発生したら、その責任は誰が取るのでしょうか?

名古屋では放送タワー建設の構想が持ち上がりましたが、
市民の反対で計画は頓挫しました。

以下、「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p104~) 網代 太郎著
"名古屋の新タワー反対運動"よりご紹介します。

■名古屋の新タワー反対運動

放送タワーと健康影響について日本での動きとしては、
名古屋の新タワー構想が住民の反対などで頓挫した経緯があります。

nagoya-eki01.jpg

日本の環境保全に関する技術は世界のトップレベルにあると思いますが、環境の保全・保護に関する意識については、残念ながら二流国のようです。

経済成長の著しい中国でさえ、首都北京では
既に建っている放送タワーを人口密集地から離そうという動きもあります。

米国や中国での放送タワー反対運動について、
「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p103~) 網代 太郎著
"米国の新タワー反対運動 北京では放送タワーを移動へ"よりご紹介します。

■米国の新タワー反対運動

米国コロラド州デンバー郊外にあるルックアウト山には、
テレビ、ラジオ、携帯電話、防災無線など600基以上の
送信アンテナが建っており、米国の基準値を20%上回る
電磁波に曝露されている地域もあります。

地元住民にがんが多発しているという調査結果も出ており、住民は、

「テレビやラジオの送信施設から発生する電磁波が原因ではないか」

と疑っています。

米国でも地上デジタル化が進められており、
地デジ用の「スーパータワー」をさらに建設する計画に対して、
住民が反対運動を続けています。

daichi01.jpg

■放送タワーを市街地に建てるのは時代錯誤

環境後進国の中国でさえ人口が密集する市街地からは、
すでに建っている放送タワーを離そうという動きもあります。

中国の『上海日報』は、放送タワーからの電磁波による
市街地への影響を考慮して、北京市がテレビ塔などを
移動することにしたことが報じられています。

東京スカイツリーにしても、建設は進んでいますが、
周辺に住む人々の意見を十分聞いたかのような振りをして、
結局、体裁だけ整え臭いものへは蓋をして闇雲に突っ走っているのです。

瀬戸市の新タワー建設にともなうコンセンサスはどのようにして
得られたのでしょうか?

実際はコンセンサスなど得られていないのです。

その実情について、
「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p105~) 網代 太郎著
"瀬戸市の新タワー反対運動"よりご紹介します。

seto04.jpg

電波障害とは、電波の受信に障害が発生したり、電波により電子機器が誤動作することです。

電波障害により生ずる現象は

・機器の誤動作
・テレビやラジオの受信への影響
・電話への影響
・オーディオなどのアンプへの影響

など様々です。

一般家庭では、従来では

・各種の無線通信を行う無線局(不法局も含む)
・高圧送電線からの放電
・鉄道や工場などの工業用機械

を原因とする電波障害が最も大きな問題とされていました。

しかし、近年では電波や高周波の電気信号を扱う電子機器(特に携帯電話やパソコンなどのデジタル信号を扱う情報通信機器)が増えたことから、どこの家庭にもあるような普通の電子機器でも、電波障害の発生源となる可能性があります。

また、携帯電話やPHSによる電波障害は、特に医療機器に対する影響が問題となっています。

以下、「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p177~) 網代 太郎著
"新タワーによる環境悪化 電波障害"よりご紹介します。

akihabara02.jpg

東京スカイツリー(新東京タワー)から発せられる電磁波によって、
電磁波過敏症やがんなどに晒されるリスクが高まりますが、
視点を変えて環境悪化という観点から観てみましょう。

建設地周辺は、古い住宅が沢山残っています。

建て替えが進み、マンションなども目立っていますが、
それでも下町の雰囲気が色濃く残っていて、落ち着いた良い町だと感じます。

そういう下町に突如として巨大タワーが出現することのインパクトは?

以下、「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p171~) 網代 太郎著
"新タワーによる環境悪化 景観への影響・圧迫感"よりご紹介します。

「新東京タワー(すみだタワー)を考える会」は2,006年9月、
新東京タワー株式会社との意見交換の席で、東京スカイツリーが
景観に与える影響について同社の見解を尋ねました。

同社の担当者は、

「彫刻家の澄川 喜一先生と建築家の安藤 忠雄先生にお願いしたので、
 我々として良い物が出来るように期待している」

と繰り返すのみでした。

sumidaku01.jpg

東京スカイツリーから発せられる電磁波で電磁波過敏症やがんなどの
リスクが高まるだけでなく、耐風性の観点からは未知の領域のようです。

高度600Mに渡る建築物の風速分布モデルについてはデータが皆無に近く、
また、ビル風のような強風の心配が考えられるほか、風切り音の心配も
あるそうです。

電磁波過敏症やがんなどのリスクを考える前に、
まず、現在の技術で建築可能かどうか、検討するのが第一だと思いますが...。

以下、「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p176~) 網代 太郎著
"新タワーによる環境悪化、耐風性と風害"よりご紹介します。


600Mもの新東京タワーは、高層の強い風を常時受けることになります。

有識者検討委員会の神田教授は、次のように述べています。

従来の建築物のための風環境評価は高度200M程度までを対象としており、
その程度では地表表面の状況における差異が定量的にモデル化されているが、
高度600Mに渡る風速分布モデルについてはデータが皆無に近く、
実施設計に当たっては、事前の特別なデーター収集が不可欠である。

p-sora0.jpg

東京スカイツリーは、既に『建設する』という結論がまずあって、
それを正当化するためにお膳立てが整えられたようです。

すべて茶番と言えましょう。

学者は功名心に目がくらみ、東部鉄道は利益に目がくらみ、
くさいものにはすべて蓋をして東京スカイツリーの建設されたようです。

パンドラの箱が開かれたとき、一体どういことになるやら...

以下、「新東京タワー 地デジとボクらとドキドキ電磁波」(p186~) 網代 太郎著
"新タワーと災害 大地震に対応可能というが"よりご紹介します。

東京スカイツリー(新東京タワー)の最終候補地に決まった墨田区は、
東京スカイツリーを核とする街作りをどのように進めるかを
検討するための基礎資料とするために学識経験者などによる

「墨田区・新タワー誘致に係わる都市防災と地域活性化検討・評価委員会」

を設置しました。

同委員会の報告書や有識者委員会の答申によると、
新東京タワーに必要な地震対策について、
次の趣旨のことが書かれています。

hanshin02.jpg

月別アーカイブ

●一押しリンク
1.子供すこやか食の安全・安心.com
私たちが気付かされていない、知らされていない農薬等の危険性や食育と食の安全・安心の盲点に迫ります。

2.砂糖とり過ぎの弊害、砂糖は現代の麻薬!?
砂糖は現代の麻薬みたいです。砂糖のとり過ぎなどによる低血糖症は心も体も狂わせてしまいます。 本能の赴くまま甘いトラップに嵌り、人生を台無しにしないようにしましょう。

3.食品添加物の危険性.com
食品添加物の暗躍やもどき食品の実態、食品添加物の危険性・表示のルール、食品添加物の危険性から身を守る方法などお伝えします。知ると怖くて眠れません!

4.子供便秘解消法.com
子供さんの便秘解消法に悩むお母さん達に朗報!!子供たちが嫌がらないのも大助かり。お腹の大きい方にもよく効きます。

5.マクロビオティック健康法.com
食養生が人生成功の秘訣!食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。

6.断酒方法.com
断酒30年戦争、アルコールを巡って30余年格闘しました。

7.子供の非行は食生活から始まる!
子供の非行と食生活は大変な関係があります…

8.ブレークスルー・成功哲学.com
究極の自己実現は自己の本質を知ることから始まります。

9.笑顔が一杯!Smile.com
笑顔と癒しとありがとうが一杯!笑顔と癒しとありがとうで地球を一杯にしよう!

10.代替自然療法.com
現代医学を妄信していては、真の健康は絶対に不可能と思われます。医がソロバンのみの医者に殺されない為の代替自然療法に関する情報です。

11.うつ病・不安障害克服.com
うつ病や不安障害の克服のため抗うつ薬や抗不安薬の服用は、副作用が多過ぎることをご存知ですか?

最近のフォト

  • 電磁波の健康被害住民陳情受け、東電は群馬県館林市の高圧送電線鉄塔建替えへ
  • 高圧送電線からの極低周波電磁波で 小児白血病のリスクが高まる
  • 電磁波健康問題 刺激作用、熱作用、非熱作用(2)   巣に戻れないミツバチやレースでゴールできない伝書鳩
  • 電磁波健康問題 刺激作用、熱作用、非熱作用(1)  電磁波による弊害、欧米では一般的
  • WHOの国際電磁界プロジェクト、電磁波健康問題は国際的には大きな関心が...
  • 名古屋の新タワー反対運動、市民の反対で計画は頓挫
  • 米国の新タワー反対運動、北京では移動の計画 日本はエコノミック優先...
  • 瀬戸市の新タワー反対運動、実際はコンセンサスなど得られていない...
  • 町工場も多い『ものづくりの街』は大丈夫か? 機器への電波障害が不安
  • 東京スカイツリーによる景観への影響、圧迫感 住宅地に超巨大タワー...
  • 東京スカイツリーによる環境悪化、耐風性と風害は未知の領域
  • 東京スカイツリーは大地震に対応可能か?(2) まず建設ありきの茶番劇
【電磁波健康問題ネットワーク】
ガウスネットワーク
(電磁波問題全国ネットワーク)

ネットワ-クは1993年5月甲府市で結成されました。電磁波の事実を明らかにし、地域の運動と協力して電磁波公害をなくすよう活動しています。通信発行のほか、全国の電磁波問題に取り組む住民団体とともに、全国大会や講演会の開催するなどしています。
会員は1,100人です(2000年10月現在)。

■注目検索エンジン

bankabull!|無料登録ディレクトリ、検索エンジン

検索エンジン MyJAPAN

特選の森ガイド

検索エンジンAREA1

検索エンジン Action Navi


JOY
まるるサーチ

プロフィール

shasin_120.jpg







【名前】K.Kumano

【関心】食と健康&自己実現の希求

【AGE】 59歳

【経歴】大阪大学工学部卒

・石川島播磨重工業㈱勤務後、故郷の北陸福井にUーターン

・県内の染色系企業を経営するが、事情により企業から離脱

・『食と健康、食と子供の非行等』との深い関係に関心を持ち、2007/6~2008/7の間、クシマクロビ・スタンダードコースを北陸福井から大阪まで通い受講する。

・欧米化され過ぎた現代の日本食に警笛をならし続けている。

お問い合わせメールフォーム
■スクロールボックス、グリーン 私たちの便利な食生活に欠かせない食品添加物......。
でも、食品添加物には見えざる危険が潜んでいます。
アレルギーや喘息、子供のキレや突発的な犯罪、がん等の 原因の全てが食品添加物にある訳ではありませんが、 一役も二役も買っているのは事実のようです。

赤色X号などタール系色素には化学構造上、すべて発がん性や 催奇性の疑いがあり、北欧では禁止されているタール色素が、 日本では11種も使用されています。


特に育ち盛りの子供さんには、その影響が懸念されます。


私のメールマガジン
「超危険!食品添加物が子どもに与える危険性と解決策」
に無料登録して頂けると、
特別レポート『超危険!食品添加物ベスト10』
を無料で差し上げます。

この10の食品添加物は特にお子様がいらっしゃる方には必ず知っておいてもらいたい知識ばかりです。是非、ご覧ください。

短い期間で株の売買