見過ごしできない寄生虫による惨禍

★挫折する現代西洋医学…

抗がん剤乱用の真の理由(1) 延命効果がわずかしかない抗がん剤…

驚くべきことですが、抗がん剤によって延命がもたらされるというような証拠はありません。
仮に1ヶ月延命したとしても、悲惨な姿となるため、
医者たちは決して自分たちの家族には抗がん剤治療を行わせません。
がんの苦しみとは、がん治療による苦しみに他なりません…


細胞が活発になれば、病気は治る

私たち人間の体は六十兆の細胞から成り立っています。
そしてこの細胞が開いた時に栄養をもらい、閉じる時に老廃物を出します。
こうした細胞の開閉運動が内臓を動かし新陳代謝を行っているから、
健康に生きることができるのです。
細胞の働きが鈍くなると、毒素も排出できなければ、
栄養補給もできなくなります。
こうした状態が病気なのです…


水銀による廃人化と虫歯治療の危険性

水銀は、殺虫剤、新薬、化粧品、ポストハーベスト剤、バッテリーなどに
含まれていますが、私たちに一番身近な存在は口の中、
虫歯治療に使われるアマルガムの詰め物です。
このアマルガムが多くの慢性病の原因となっている証拠が挙げられています。
水銀は中枢神経を侵し、軽度の場合は食欲不振、情緒不安定から
重症の場合は視力悪化、言語困難、脳障害などに至り、廃人となることがあります…


<スポンサード・リンク>



★自然の力は人智を超えている…

母の末期の子宮ガンが消えてなくなった

一時好転するための反応もあり、痛みも出ましたが、治るためだから大丈夫と
納得してもらい、ビワ葉の湿布や温灸を続けました。
医学の力ではどうにもならなかったガンが、こんなに見事に治るのは、
医者も驚くだけに、本当に奇跡としかいいようがありません。
でも、私は人の力ではなく自然の力の見事さだと確信して、
感謝しています…


免疫力は肝臓で高まる

食べ物を栄養としてとり込む器官を胃腸と考えている方も多いと思いますが、
身となる役目をしているのは肝臓です。
胃腸が丈夫というのは、実は肝臓が丈夫ということなのです。
体に入った食べ物は、すべて肝臓のお世話になるのです。
栄養分を貯蔵するのも、胆汁を作るのも、免疫力を強化するのも
すべて肝臓で行われます…


リウマチが完治して健康になった

急に手足が腫れてプクプクになり、痛み出したので驚いて病院に行ったら、
リウマチと診断され、一生治らないと言われました。
その後、二年間毎日注射をしに通いましたが、だんだん歩けなくなり、
トイレに行くにも杖をついて、足を引きずって行くようになりました。
そんな時、東城先生の本を友人からもらいました…

癌は寄生虫が原因である(3) 癌は寄生虫に繁殖に伴なって誘発される細胞の反応

2011年5月15日 09:05 | コメント(0) | トラックバック(0)

寄生虫は、サナダムシのようにすぐに身体に異変を起こすものだけでなく、
様々な種類があり、水道水、浄水器などに生息して、人体に入ってきます。 

三十年ほど前までは肝臓で解毒(死滅)できていました。 

ところが、この三十年ほどの間に食品・日用品・化粧品などから体内に化学物質が大量に浸入し、肝臓に多大な負担を強いらせた結果、有害なモノを認識できずにスルーしているのです。

そのために、肝臓で寄生虫を解毒できずに、各臓器に寄生虫を蔓延させること
となります。 

寄生虫の排泄物が、体内に蓄積された発ガン性化学物質と合体して
ガン細胞が出来ていくと言われています。

 
また、内臓から摘出したガンの部分から必ず寄生虫が出てくるそうです。

しかも、シャンプーの臭いがするそうです。

寄生虫はシャンプーなどの有害な化学物質が大好物だからだそうです。

私たちは寄生虫の飼育のために毎日せっせと有害化学物質という寄生虫のエサを
体内に入れているのかも知れません。

【参考】NAET治療でアレルギーを改善
http://www.naet.jp/category/1202587.html より

■癌は寄生虫に繁殖に伴なって誘発される細胞の反応です。

このような細胞は、増殖したくて増殖しているわけではなく、
寄生虫の幼虫が発生させる発育因子によって、正常な細胞が
分裂を強いられているに過ぎません。

癌細胞とは、寄生虫感染に反応している正常な細胞だと見ることができます。

choji01.jpg

このような細胞を放射線で焼いたり、抗癌剤と称する毒薬を盛っても、
何の解決にもなりません。

ましてやメスで切除しても根本解決にはほど遠く、全く野蛮な行為としか考えられません。

仮に抗癌剤、放射線、外科手術などで癌の増殖が止まったとしても、
それそこ寄生していた肥大吸虫の成虫がたまたま死んだだけの話であり、
全くのまぐれ当たりです。

すでに血流に乗った何百万、何千万という卵が孵化し、
幼虫から成虫となって、膨大な数の卵を産み始めるのは時間の問題となります。

但し、一切のプロピル・アルコール含有製品の使用を即座に停止すれば、
癌は再発しません。

■肥大吸虫が癌を発生させることが確認された

ハルダ・クラーク博士は肥大吸虫が癌を発生させることを確認しましたが、
博士は他の吸虫類も癌を発生させる可能性を示唆しています。

吸虫以外の寄生虫の卵が、酒やアルコールでも孵化し易くなるのは自明の理で、
寿司や刺身につきものの酒は何を意味するのでしょうか。

寄生虫の寄生部位は、種類によって一定であると考えられ、
この特徴は寄生部位特異性と呼ばれてきました。

しかし、寄生虫の生命力は強く、新しい環境には素早く適応してしまうのです。

本来の借主や寄生部位でなくても発育、成熟、繁殖することが確認されつつあります。


今世紀初頭に発見された肥大吸虫の本来の寄生部位は、人間の小腸でした。

しかし、卵が人体内で孵化して幼虫になると、血流に乗って体内を移動します。

これはある意味で異所寄生であり、また、他の臓器組織への迷入でもあります。

本来は人間に寄生しない寄生虫の幼虫が人体に侵入し、
幼虫のまま体内を移行すると、幼虫移行と呼ばれ、
この危険な状態が幼虫移行症と呼ばれています。

人体に肥大吸虫の幼虫が爆発的に増大すると、癌と呼ばれる危険な状態が発生するのです。

(参考) ガンは伝染する 笹川英資著

スポンサード・リンク
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

寄生虫の駆除にニガヨモギ、クログルミ、チョウジ(丁子)
環境の化学汚染、化学物質の乱用によって寄生虫症が広がっています。 例えば、寄生虫...
蟯虫による症状
感染は世界的であり、気候の寒暖、貧富を問わず、伝染性が非常に強く、 ・学校、保育...
広東住血線虫や東洋毛様線虫、鞭虫による症状
■広東住血線虫による症状 日本にも多くネズミが終宿主ですが、人間が第三期幼虫に感...
フィリピン毛頭虫やアニサキス、シュードテラノーバによる症状
■フィリピン毛頭虫による症状 体長は2~4ミリであり、東南アジアや日本が感染地域...
犬回虫・猫回虫による病状
犬・猫の腸に寄生する回虫ですが、人間には感染しないなどと考えるのは大きな誤りであ...
犬鉤虫や糞線虫などによる病状
■犬鉤虫による病状 犬などの動物に寄生する鉤虫ですが、人間にも感染します。 犬や...
ズビニ鉤虫、アメリカ鉤虫による病状
世界中に広く分布し、感染性が強い寄生虫です。 大量の血液を飲むので(1日に0.5...
回虫による病状
喘息の原因となります。 てんかんの発作は、この回虫の脳内への侵入によるものです。...
線形動物による病害は重大
地球には50万種類の線形動物がいると見られ、その内脊椎動物に寄生するものは3万6...
原因不明の病気の原因は寄生虫(2) 人畜共通感染症
免疫が低下したときの寄生虫日和見感染、特に人畜共通の寄生虫病は、本来ならば獣類の...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://healthy88.com/mt/mt-tb.cgi/204

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

shasin_120.jpg







【名前】K.Kumano

【関心】食と健康&自己実現の希求

【AGE】 59歳

【経歴】大阪大学工学部卒

・石川島播磨重工業㈱勤務後、故郷の北陸福井にUーターン

・県内の染色系企業を経営するが、事情により企業から離脱

・『食と健康、食と子供の非行等』との深い関係に関心を持ち、2007/6~2008/7の間、クシマクロビ・スタンダードコースを北陸福井から大阪まで通い受講する。

・欧米化され過ぎた現代の日本食に警笛をならし続けている。

お問い合わせメールフォーム

最近のフォト

  • 惨憺たる抗がん剤の恐怖(2) 多剤併用療法でも殆どのガンは治らない...
  • 惨憺たる抗がん剤の恐怖(1) 正常な造血細胞なども影響を受ける
  • ホリスティック医学が目指すもの
  • 日本での統合医療の歩み
  • 薬には治す力はない!唯一治すのはあなたの中の自然治癒力だけ
  • 超健康のキー、健全な菜食主義の指針(10)
  • 超健康のキー、健全な菜食主義の指針(8,9)
  • 超健康のキー、健全な菜食主義の指針(7)
  • 免疫強化療法|鶴見クリニック
  • 超健康のキー、健全な菜食主義の指針(6)
●一押しリンク

1.マクロビオティック健康法.com
マクロビオティックは日本生まれ欧米育ちの最先端健康法です。食養生が人生成功の秘訣!人はその人が食べる物の如くなります。食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。

2.子供すこやか食の安全・安心.com
私たちが気付かされていない、知らされていない農薬等の危険性や食育と食の安全・安心の盲点に迫ります。

3.砂糖は現代の麻薬.com
砂糖は現代社会の麻薬。砂糖は心も体も狂わせてしまいます。

4.食品添加物の危険性.com
食品添加物の暗躍やもどき食品の実態、食品添加物の危険性・表示のルール、食品添加物の危険性から身を守る方法などお伝えします。知ると怖くて眠れません!

5.代替自然療法.com
現代医学を妄信していては、真の健康は絶対に不可能と思われます。医がソロバンのみの医者に殺されない為の代替自然療法に関する情報です。

6.自然療法と祈りが健康長寿の秘訣.com
自然療法をよく理解し実行したら、ガンも難病も治ります。病気は心身の調和の崩れから発生します。自然療法と祈りが健康長寿の秘訣です。 !

7.子供の非行は食生活から始まる!
子供の非行と食生活は大変な関係があります…

ホリスティック健康学・栄養学研究所

ホリスティック医学も現代栄養学も本当に奥が深く、学べば学ぶほど、その底辺の広さに圧倒されるとともに、生活習慣病・慢性疾患を克服するには、現代人の生活スタイルと生活意識を根本的に変革する必要があることを実感するようになりました…

holis-bk01.jpg

ホリスティック健康学・ホリスティック栄養学入門

holis-bk02.jpg

ホリスティック健康学・ホリスティック栄養学入門 “21世紀の新・ベジタリアン生活”のすすめ
☆守りたい、家族の健康!私たちの命が危ない!☆

私たちの便利な食生活に欠かせない食品添加物......。
でも、食品添加物には見えざる危険が潜んでいます。
アレルギーや喘息、子供のキレや突発的な犯罪、がん等の 原因の全てが食品添加物にある訳ではありませんが、 一役も二役も買っているのは事実のようです。

赤色X号などタール系色素には化学構造上、すべて発がん性や 催奇性の疑いがあり、北欧では禁止されているタール色素が、 日本では11種も使用されています。


特に育ち盛りの子供さんには、その影響が懸念されます。


私のメールマガジン
「超危険!食品添加物が子どもに与える危険性と解決策」
に無料登録して頂けると、
特別レポート『超危険!食品添加物ベスト10』
を無料で差し上げます。

この10の食品添加物は特にお子様がいらっしゃる方には必ず知っておいてもらいたい知識ばかりです。是非、ご覧ください。

ダイエット商品の紹介ページ