◇トッピクス◇

見過ごしていませんか?経皮毒の怖さを。
私たちが毎日使うシャンプーやリンス、石鹸、化粧品には
有害化学物質の含まれているものが結構多いのです。
皮膚から経皮吸収された有害化学物質は、血液やリンパ液に乗って
肝臓やなどの消化器、脳、骨など体中に運ばれることとなります。


お腹の赤ちゃんが一番の被害者
例えば、乳液には、油と水を混ぜ合わせるために、
乳化剤として合成界面活性剤が使われています。
これは、環境中に放出されると分解されにくい性質があり、
環境汚染物質として問題視されているものです。
特に危険なのは、妊婦さんが有害化学物質を含んだ化粧品を使うことです。
ファンデーション、化粧水、口紅などから有害物質を吸収していれば、
一番ダメージを受けるのはお腹の赤ちゃんです…


経皮毒が脳の神経細胞に影響!キレやすい子供に
ダイオキシンを含めた有害化学物質は脂溶性なので、
脂質でできている部位に馴染みやすいということになります。
そして、体内にとり込まれたとき、最初に影響を受けるのが脳細胞です。
有害化学物質が身体に入っても、すぐにがんとなったり、
自律神経失調症になったりする訳ではありません。
現象が現れないまま、内部で静かに進行しているのであり、
特に脳細胞の場合は変化が見えません…


殺虫剤よりも強力!? 台所用合成洗剤、家庭用排水は環境破壊の元凶
天然原材料から作る界面活性剤と違い、
合成界面活性剤は人体に及ぼす影響が大変危険です。
まず第一に怖いのは皮膚への浸透作用が強い点です。
人間の防御作用を越えて、合成界面活性剤の浸透作用が及ぶため、
皮膚に付着すると、衣類や食器の油をはぎ取るように皮膚の皮脂膜をはぎ取り…


スポンサード・リンク


有害化学物質が皮膚から入り込む仕組み
皮膚から吸収された化学物質は、血液やリンパ液に乗って
肝臓やなどの消化器、脳、骨など体中に運ばれることとなります。

経皮吸収により、たとえ少量でも毎日化学物質をとり込んでいると、
皮下組織への化学物質の蓄積量も次第に多くなっていきます…


ネコいらずやゴキブリ退治薬を子供の口に入れていいのか?
フッ素を使わなくても全国的にむし歯は減っているのですが、
保育所(園)や幼稚園、小中学校でフッ素洗口を行いもっと減らしたいようです。
猫いらずの原料となる、フッ化ナトリウムを薄めて子供たちに
フッ素洗口を行っているのです…


スポンサード・リンク


アトピー性皮膚炎とは、「アレルギー体質の人に生じた慢性の痒い湿疹」で、
痒みを伴います。

発疹は湿疹病変で、急性の病変としては赤くなり(紅斑)、
ジクジクしたぶつぶつ(丘疹、漿液性丘疹)ができ、
皮がむけてかさぶたになる(鱗屑、痂皮)状態です。

慢性の病変としてはさらに皮膚が厚く硬くなったり、硬いしこり(痒疹)が
できたりします。

発疹はおでこ、目のまわり、口のまわり、くび、肘や膝、手首などの関節周囲、
背中やお腹などに出やすく、左右対称性に出ます。

乳児期は頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に拡大していき、
思春期、成人期になると上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向があります。

ドライスキンもより顕著になってきます。

慢性に経過する疾患で、乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上継続するものをいいます。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p133~) 竹内久米司/稲津数久著
"経皮毒はアトピー性皮膚炎を慢性化させる"よりご紹介します。

アレルギーの一種であるアトピー性皮膚炎が急増し、
今や現代の国民病とも言われています。

医療現場では、原因の解明や治療法など様々な研究が行なわれています。

アレルギー遺伝子や細胞レベルでの反応が明らかになってきましたが、
実際の治療に役立つ決定的な方法はまだ見つかっていません。

現在の治療法は、ステロイド剤、抗アレルギー剤、免疫抑制剤を
使っていますが、その場しのぎの治療でしかありません。

hihu03.jpg

アトピーは、血液の汚れが肝臓、腎臓の浄化力を失わせ、
ホルモンや酵素も働かず、消化、吸収力も出来ず、
それで詰まって苦しくて、毒が皮膚から外へ出てきたものと言われます。

皮膚は内臓を包む風呂敷ですから、外に出た汚れは内蔵の汚れです。

ですから、外からクスリを塗っただけでは治らないのです。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p126~) 竹内久米司/稲津数久著
"「経皮毒」がアレルギーの原因だった?"よりご紹介します。

アレルギー反応は、その症状やメカニズムによって、
Ⅰ~Ⅳ型の4つに分類することができます。

●Ⅰ型(即時型)アレルギー反応

IgE抗体(免疫グロブリンE)が原因となって起こります。

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー性鼻炎、
じんましん、腸管アレルギーなどはこれに分類されます。

抗体の反応が激しいときは、急激に血圧が低下して
ショック症状を起こすこともあります。

ige01.gif

・suzuken HP
http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/090409html/index.html より

3. 接触アレルゲン

触るだけでアレルギーを引き起こします。

これは、皮膚から成分が吸収されるもので、「経皮毒」そのものです。

アレルギー反応を起こすニッケルメッキなどの時計バンド、
アクセサリーは沢山ありますが、これも体質によって様々です。

alle-low01.jpg

花粉症の全国推計受療患者数は約800万人と見られています。

昭和三十三年、学校給食に牛乳がとり入れられ、
その数年後からアレルギー、アトピー、喘息が急に増え始め、
十年後から糖尿病、白内障、骨粗鬆症、貧血、精神的不安定などの病気が
非常に増えているそうです。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」 竹内久米司/稲津数久著よりご紹介します。

■アレルゲンの侵入ルート

身の廻りのものすべてがアレルギーの原因になると思われる程、
食べ物、植物、化学物質、医薬品など私たちの身の廻りには
アレルギー反応を引き起こす可能性の高いものがあふれています。

これらの物質がアレルゲンになるかどうかは、体質や生活環境に
大きく異なります。

特にアレルギー体質の人は、何に反応してしまうかを突き止めて、
そのアレルゲンの侵入を防ぐ生活を考える必要があります。

alle01.jpg

私は以前ハウスダスト原因でアレルゲンによる治療を行ったことがありました。

今では相当落ち着いていますが、でも季節の変わり目には、
くしゃみや鼻水で短期間の間ですが悩まされることがあります。

私たち現代人の身体は、砂糖や農薬、食品添加物、アルコールなどの
とり過ぎで、体内で浄化という重要な役目を担っている、肝臓や腎臓が
疲れている方が多いようです。

汚れた血液を肝臓や腎臓がキレイにし切れなくなって、
体内の毒素が皮膚から噴き出したものがアレルギーと考えられます。

ステロイド剤で痒みを抑えても一時しのぎに過ぎず、
肝臓や腎臓の一層の負担となるようです。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p122~) 竹内久米司/稲津数久著
"「経皮毒」がアレルギーの原因だった"よりご紹介します。

花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息など、アレルギーは
今や最も身近な病気の一つです。

アレルギーが増加し始めたのは、東京オリンピックが開催された

1,964年前後からで、今では3人に1人がなんらかの病状で悩んでいる
とまでに言われるほどとなりました。

atopy02.gif

・http://yg-allergy.com/ill/003_atopic-dermatitis.htm より

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)は、発がん性が確認された為
厚生省は使用を禁止しようとしたが、欧米からの圧力によって
それを断念したいわくつきの食品添加物です。

アメリカやイギリスなどでは、
BHAが食品添加物として多量に使用されており、もし日本で使用禁止になると、
それらの国の消費者に不安と混乱を生じさせることと、
BHAを添加した食品が日本に輸出することができなくなるためでした。


また、『BHAが環境ホルモンである』との指摘があります。

アメリカのタフツ大学の研究者が、乳がん細胞を使った実験で、
BHAが環境ホルモンとして作用することを確認しています。

BHAが実際に環境ホルモンとして作用するとなると、
食品にごく微量残留していても、危険性があることになります。

BHTは、動物実験では脱毛・無眼症が報告されており、
また、アメリカでの実験報告によれば膀胱ガンや甲状腺ガンを
誘発する可能性有ります。


BHAとBHTは、ブチル基をもったアルキル化剤であり、
化学構造が生体物質と非常に似ているので、
体が代謝作用の過程でこの化学物質を誤って取り込み、
「細胞の疾患」と呼ばれるがんの形成をすることになります。

これらの食品添加物は人を暴れさせる作用があるものなので、
イギリスの小児病院などではBHAとBHTを食事から抜くように
指導しているそうです。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p88~) 竹内久米司/稲津数久著
"ブチルヒドロキシトルエン、ブチルヒドロキシアニソール"よりご紹介します。

⑦ ブチルヒドロキシトルエン、ブチルヒドロキシアニソール

酸化防止剤として化粧水などに使用されているもので、
製品に含まれている油脂類の酸化を防ぐ働きがあります。

ブチルヒドロキシトルエン(BHT)はバター、清涼飲料水、
缶詰などにもよく使われていますが、発がん性が疑われています。

ブチルヒドロキシアニソールは、1,982年に発がん性が認められたので
食品への使用は禁止されましたが、それが何故か、また使用できる
ようになりました。

jintu-gawa01.jpg

プロピレングリコール(PG)は、保湿剤や乳化剤として広く日用品に使われています。

多くの日用品などに使用されているのは、プロピレングリコールの有害性が低く、
安全な化学物質だと一般的に認められているからです。

しかし、過敏症状を起こしたり、染色体異常、
過剰摂取による赤血球の減少や内臓、脳への障害も懸念されています。

プロピレングリコール(PG)は、その界面活性作用と低分子量によって角質層をくぐり抜け、皮膚細胞に浸透しやすいという特徴があります。

浸透を助けるということは、有害化学物質も容易に体内に浸透させることにもなります。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p85~) 竹内久米司/稲津数久著
"これだけは覚えておきたい!化粧品に含まれる「経皮毒」"よりご紹介します。

④ プロピレングリコール

殆どの化粧品、洗剤に使用されていて、保湿効果、浸透作用、
乳化作用のために使用されています。

経皮毒として作用し、接触性皮膚炎を起こすことがあります。

経口吸収すると腎臓障害を起こしたり、吸い込むことで
中枢神経を抑制する働きをします。

いずれにせよ、アレルギー性物質であることに変わりはありません。

●使用している製品

・歯磨き剤、化粧水、クリーム、乳液、リップクリーム
・口紅、ファンデーション、マスカラ、シャンプー
・リンス、養毛剤、アフターシェーブローション
・制汗剤、ウェットティッシュ

など。

hamigakiko02.jpg

テレビなどで流される一流化粧品メーカーのシャンプーやリンス、
クリーム、リップスティックなどの化粧品。

日本のトップクラスの女優さんたちの競演で、大変華やかです。

でも、それらの化粧品やシャンプーなどの実態は果たしてどうなのでしょうか?

化粧品の中に含まれている化学成分に焦点を当ててみましょう。

キレイになれるような錯覚を起こしているだけで、
実は皮膚から侵入した経皮毒が、身体を蝕み始めている...
そんな商品が多いようです。

お金儲けしか考えられず、理性を失ってしまった、
哀れな名門企業の経営者たち...。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p82~) 竹内久米司/稲津数久著
"これだけは覚えておきたい!化粧品に含まれる「経皮毒」"よりご紹介します。

① ジエタノールアミン(DEA)、トリエタノールアミン(TEA)

クリームなどに使用されている乳化剤で、身体にとり込まれると
発がん性の有るニトロソアミンに変化すると言われている
とても危険な化学物質です。


本人や家族に花粉症、鼻炎、喘息などのアレルギー体質が
ある場合は、避けた方が良いでしょう。

●使用している製品


・シャンプー、リンス、ヘアクリーム、クレンジングクリーム
・ローション、ファンデーション、ほお紅(チーク)
・アイシャドー、マスカラ 

など

lima-haircraem-image01.jpg

○リマナチュラル無添加ヘアクリーム

プロピレングリコール(PG)は、保湿剤や乳化剤として広く日用品に使われています。

その界面活性作用と低分子量によって角質層をくぐり抜け、
皮膚細胞に浸透しやすいという特徴があります。

保湿効果や使用感の良さから、

・シャンプーやリンス、石鹸、歯磨き剤

などの製品にも大抵含まれています。

浸透を助けるということは、有害化学物質も容易に体内に浸透させることにもなります

驚く泣かれ、赤ちゃんのおしり拭きにもこのプロピレングリコールが使われています。

角質層が未発達で無防備な赤ちゃんのおしりに、いともたやすく
有害物質を侵入させているということですから、大変に危険です。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p35~) 竹内久米司/稲津数久著
"「毒」の侵入を助ける化学物質の運び屋"よりご紹介します。

『プロピレングリコール:略称PG』という化学物質は、
化粧品などの保湿剤や乳化剤として、当たり前のように
使用されています。

このプロピレングリコールは、分子量が小さく、
角質層を浸透しやすいという特徴があります。

そのために、保湿効果や使用感が得られやすく、
効果が実感できているような錯覚に陥ります。

fande01.jpg

日本を代表する美女たちが競演するシャンプーのTVコマーシャル。

「あのシャンプーを使えば、私もあのようになれるのかしら...」

などという幻想を抱いてしまう巧みな宣伝です。

でも、シャンプーの容器の裏側の成分の表示をみると、
虫メガネでみないと解らない位の字でゴチャゴチャと
使用成分が沢山羅列されています。

化粧品メーカーは何が使われているのか、本当は知って欲しくないのでしょう。

巨額の広告宣伝費を使わないと売れないガラクタ商品と
考えた方が無難でしょう。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p4~) 竹内久米司/稲津数久著
"「経皮毒」が健康をむしばんでいる"よりご紹介します。

毎日使用する家庭用品の中で、特に注意が必要なものは何でしょうか?

それは、より多くの有害化学物質や環境ホルモン物質が
含まれている、シャンプーやリンスです。

頭部は皮膚が比較的薄いので、これらに含まれている
有害化学物質を吸収しやすいのです。

それに加えて、お湯に入ると肌の温度が上昇し、
更に吸収しやすい条件が重なることとなります。

tubaki01.jpg

私たちの肌ににふれる化学製品は、

・シャンプーやリンス、入浴剤、石鹸、洗剤
・口紅などの化粧品
・歯磨き粉
・毛染め

など、非常に沢山あります。

しかし、私たちの健康に害のない商品は果たしてどれだけあるでしょうか?

例えば、口紅に使用されている色素はタール色素で、石油から作られたものが80種類も使用されています。

発がん性が高いものも多くあり、食品で許可されている色素は、
80種類のうち12種類だけで、それ以外は使用が禁止されています。

唇に発がん性物質を塗っているんです。

以下、「経皮毒がまるごとわかる本」(p3~) 竹内久米司/稲津数久著
"「経皮毒」が健康をむしばんでいる"よりご紹介します。

現代の私たちの生活は、合成化学物質抜きには成り立ちません。

洗剤やシャンプー、化粧品など、私たちは数え上げたら切がないほどの
合成化学物質が入った製品を毎日利用しています。

これら多くの合成化学物質が、皮膚を通じて私たちの体内に
吸収されているとしたら、どうなるでしょうか?

fusso-hamigaki01.jpeg

ダイオキシンは最も毒性の強い物質の一つです。

ごく微量でも人体に重大な影響を与えます。

ダイオキシンは、人間がつくりだそうと思ってできた物質ではありません。

元々、人間は、こんなものをつくろうなどとは思ってもいませんでした。

しかし、除草剤などの農薬や、プラスチック、塩化ビニールといった
化学製品を作り出しては、環境中にばらまいたり、燃やしたりしているうちに、
この猛毒のダイオキシンができてしまったというわけです。

それというのもダイオキシンは、発生する量そのものはものすごく少なく、
ものすごく微量でも生物のからだに影響をあらわす猛毒物質です。


ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤もダイオキシンの一種です。

枯れ葉剤がまかれたベトナムやアメリカのベトナム帰還兵の子供や孫に
多数の「奇形児」がうまれています。

ダイオキシンはDNAを破壊するので、何世代が影響を受けるのか、未だに不明で、しかも治療薬が無いという恐るべき化学物質なのです。


以下、「経皮毒がまるごとわかる本」竹内久米司/稲津数久著よりご紹介します。

■経皮毒、母乳の中に「最強の毒物ダイオキシン」が!

日本では1,983年にゴミ焼却場の周辺でダイオキシンが検出され、
社会的に注目を浴びることとなりました。

ダイオキシンの多くは、ゴミを焼却する時に発生します。

また、車の排気ガスや工場の設備などからも発生しています。

rensa01.gif

・http://www.shokusan.or.jp/hyakka/safety/pollutant/pollutant3.htmlより

環境ホルモンとは人間の体内でホルモンと同じような作用を引き起こす化学物質のことです。

環境ホルモンは非常に少量でも大きな影響を与えます。

その影響はホルモンバランスが崩れるだけでなく、
人間の脳神経系や生殖機能への悪影響も与えます。

特に胎児や幼児期においては、正常にホルモンが作用しないことで
様々な弊害が起こる可能性があると指摘されています。

以下、経皮毒がまるごとわかる本(p117~) 竹内久米司/稲津数久著
"被害は未知数!環境ホルモンの脳への怖い影響"よりご紹介します。

■被害は未知数!環境ホルモンの脳への怖い影響

2,004年に、産業技術総合研究所、ヒューマンストレス研究センターと
国立環境研究所の研究グループは、環境ホルモンが、脳、特に
ドーパミン神経にどのような影響を及ぼすかを研究しました。

ドーパミン神経というのは、脳内に快感状態を作り出して
意欲を発生させる神経で、ADHDの発生に深く関係してると
言われています。

この神経によって、積極的な気持ちになることができますし、
「何かをしたい」という欲求も出てきます。

また、強い快感状態を得ようとする興奮してくると、
今までに経験した快感では物足りなくなり、
行為がエスカレートしていくというものです。

shimanto03.jpg

環境ホルモンが生物に与える影響をまとめてみました。

●性ホルモン作用の撹乱
 精子の減少、性発達障害による不妊症

●生殖器異常
 子宮内膜症、子宮ガン、前立腺ガンなどが多発
 女性化する男性

●分解されずに体内に蓄積
 母乳を通して子供へ移行、重度の障害、染色体異常

●免疫不全
 感染症の多発

●ガン細胞に変異
 あらゆるガンが発生する

●脳の神経細胞
 ADHD、LDなどの神経障害

●生態系の異常
 野生生物の生殖異常、行動異常

hormon01.jpg

月別アーカイブ

最近のフォト

  • アトピー性皮膚炎を慢性化させる経皮毒(1)  ステロイド剤や抗アレルギー剤はその場しのぎ
  • アレルギー反応のタイプ 皮膚の汚れは内臓の汚れ、薬を塗るだけでは治らない
  • アレルゲンの侵入ルート(2) 接触アレルゲンと薬物アレルゲン
  • アレルゲンの侵入ルート(1) 吸入アレルゲンと食物アレルゲン
  • アレルギーとは体内の毒素が皮膚から噴き出したもの
  • 化粧品に含まれる経皮毒原因化学物質とその弊害(4) BHAとBHT、タール系色素
  • 化粧品に含まれる経皮毒原因化学物質とその弊害(3) PG、グリセリンなど
  • 化粧品に含まれる経皮毒原因化学物質とその弊害(2) CMに惑わされるな
  • 経皮毒の侵入を助ける運び屋PG(プロピレングリコール) 広く日用品に含まれる
  • あなたを蝕む経皮毒(2) 健康を蝕むガラクタ化粧品が一杯...
  • あなたを蝕む経費毒(1)  シャンプーやリンス、入浴剤、洗剤、口紅、歯磨き粉...
  • 母乳の中に「最強の毒物ダイオキシン」が...日本の基準はアメリカの500倍甘い
  • 環境ホルモン化する経皮毒、脳への怖い影響...
  • 環境ホルモン化する経皮毒、生物に広範囲な影響を与える...
●一押しリンク
1.子供すこやか食の安全・安心.com
私たちが気付かされていない、知らされていない農薬等の危険性や食育と食の安全・安心の盲点に迫ります。

2.食品添加物の危険性.com
食品添加物の暗躍やもどき食品の実態、食品添加物の危険性・表示のルール、食品添加物の危険性から身を守る方法などお伝えします。知ると怖くて眠れません!

3.子供便秘解消法.com
子供さんの便秘解消法に悩むお母さん達に朗報!!子供たちが嫌がらないのも大助かり。お腹の大きい方にもよく効きます。

4.食養生・マクロビオティック.com
食養生が人生成功の秘訣!食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。

5.砂糖の弊害、砂糖は現代の麻薬.com
砂糖は現代の麻薬です。砂糖のとり過ぎによる弊害、低血糖症は心も体も狂わせてしまいます。

6.東京スカイツリー(新東京タワー)と電磁波健康問題
地デジの普及や新東京タワーの完成によって電磁波による健康被害が激増する恐れがあります。

7.子供の非行は食生活から始まる!
子供の非行と食生活は大変な関係があります…

8.ブレークスルー・成功哲学.com
究極の自己実現は自己の本質を知ることから始まります。

9.笑顔が一杯!Smile.com
笑顔と癒しとありがとうが一杯!笑顔と癒しとありがとうで地球を一杯にしよう!

10.断酒方法.com
断酒30年戦争、アルコールを巡って30余年格闘しました。

プロフィール

kumano01.jpg







【名前】K.Kumano

【関心】食と健康&自己実現の希求

【AGE】 59歳

【経歴】大阪大学工学部卒

・石川島播磨重工業㈱勤務後、故郷の北陸福井にUーターン

・県内の染色系企業を経営するが、事情により企業から離脱

・『食と健康、食と子供の非行等』との深い関係に関心を持ち、2007/6~2008/7の間、クシマクロビ・スタンダードコースを北陸福井から大阪まで通い受講する。

・欧米化され過ぎた現代の日本食に警笛をならし続けている。

お問い合わせメールフォーム
私たちの便利な食生活に欠かせない食品添加物......。
でも、食品添加物には見えざる危険が潜んでいます。
アレルギーや喘息、子供のキレや突発的な犯罪、がん等の 原因の全てが食品添加物にある訳ではありませんが、 一役も二役も買っているのは事実のようです。

赤色X号などタール系色素には化学構造上、すべて発がん性や 催奇性の疑いがあり、北欧では禁止されているタール色素が、 日本では11種も使用されています。


特に育ち盛りの子供さんには、その影響が懸念されます。


私のメールマガジン
「超危険!食品添加物が子どもに与える危険性と解決策」
に無料登録して頂けると、
特別レポート『超危険!食品添加物ベスト10』
を無料で差し上げます。

この10の食品添加物は特にお子様がいらっしゃる方には必ず知っておいてもらいたい知識ばかりです。是非、ご覧ください。

FX業者